topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

:: 山に登る -瑞牆山2230m- :: - 2011.10.10 Mon

こんにちは。

体中が筋肉痛でございます。

昨日、日本100名山のひとつ瑞牆山(みずがきやま)に登ってきましたー。

父の山仲間の会(?)に飛び入り参加しちゃいました(-∀-)

今夏に南アルプスを縦走してきた父達。

1人ベテランさんがいるのでいつも連れて行ってもらっているらしい。

ならば私も加えてくれーとお願いしたところいいよ、との事。ヤッター!

平均年齢60歳越えのおじ様グループになんの抵抗もなく馴染むnegi(笑)

ビギナー登山者のnegiにとっては一緒に登ってくれる方がいるだけでありがたいっす。

mizugakiyama1010 4photo
:: 写真右下の岩の頂上目指して登りました。こう見るとよくあそこまで登ったなぁと思う。 ::

みずがき山荘前から朝7時に登山開始。

外気温9度。

朝の冷たい空気と静かな登山道。

時々鳥の鳴き声が聞こえてとてもすがすがしい気分。

mizugakiyama1010 1

登ること1時間くらいで富士見平小屋に到着。

小屋前にはテントがたくさん。

連休中ということもあり親子連れの方もいっぱいいましたよ。

ここで瑞牆山のピンバッジを記念に購入。

小屋のおじさんはかりんとうを食べながら(笑)気さくに話しかけてくれて、

下りが急だから下山の時は注意して早めに降りてきた方がいいよとアドバイス頂きました(^-^)
 
瑞牆山は山頂に小屋はないのでトイレはここが最後。

頂上まで行って下ってくるには5.6時間はかかるので必ず済ませておいた方が良いと思われます。

今まで登山といっても比較的登山道が整備された山しか行ったことがなかったのですが、

この瑞牆山は岩場が多く段差もあるので登っています!!という感覚になります。

途中に水場と沢もあり、ここで水を汲み頂上でコーヒーを飲むのが最高なんだなぁとベテランのY氏に教えてもらいました。

この水、すっごく冷たくて柔らかい味のお水なんです!

喉の渇きも重なってウマイ!と思わず言ってしまう。

mizugakiyama1010 3photo

休憩も入れつつ登ること3時間。

ついに頂上へ。

mizugakiyama1010 3

気持ちいいーーー♪

遠くに富士山・南アルプス・八ヶ岳も一望でき感動!!

おにぎりを食べ、汲んできた沢の水でコーヒーを一杯。

mizugakiyama1010 2

この為に登ってきたのねと思えるほど美味しかったぁ。

お天気も良くて最高の登山でした。

父達は前日に大菩薩峠へ登っていて、明日はテニスとのこと。← マジで??って3回くらい聞き返しましたヨ。

いまどきのオーバー60は本当に元気。

いつまでも若く、健康でいて頂きたいものです。

帰りがけに増富の温泉で汗を流してきました。

登山+温泉、素晴らしい組み合わせ(´Д`*)プハー

お酒があれば尚ヨシって話ですが車に乗せて頂いてる手前我慢しました(笑)

おじ様方、また連れて行って下さいませー。



あしあとにぽちっと押して頂けると嬉しいです♪♪♪
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

:: 稲刈りのお手伝い :: - 2011.09.19 Mon

こんにちは。

昨日、稲刈りのお手伝い行ってきましたよー。

いやー暑いのなんのって。

前日が雨だったのでお天気心配してましたが、

そんな心配もどこへやら干からびるんじゃないかってくらい晴れましたよ。

お手伝いって言っても稲は機械が刈ってくれるので、

束ねた稲穂を什器に掛ける作業をしてきました。

天日干しをして乾燥させてから脱穀するそうです。

それにしても田んぼっていろいろな生き物がいるんですね。

巨大なカマキリ、コオロギ、イナゴ、クモetc…。

私の中で出会えて一番嬉しかったのが雨蛙!

すごい数のカエルがいました(*´Д`*)<カエルの楽園やー。

kaeruinaho0919.jpg

歩くとピョンピョンと数匹が跳ねます。

踏んづけてやしないかとドキドキするくらい沢山いました。

休憩中、カメラ片手にカエルを追いかけ回していたら友達のお母さんに

「ちょっとは落ち着いて座りなさい~!」

と言われましたよ(笑)

今年初のリアルカエル。

見放題、さわり放題でした。

いやぁ本当に嬉しかったわー。

kaeruinaho0919 1

休憩の時はお母さんが漬けてくれた浅漬けを食べながらお茶をしました。

本当に暑かったので爽やかな塩味が沁みましたー。

TVとかでよく畑の側で漬けものを食べながらお茶をしているおじいちゃん達の映像を見ますが、

甘いものよりも漬けものが欲しくなる気持ちがよーくわかりました!

本当に美味しかった。

作業は残り1割のところで終了。

私的には最後までやりたかったけど日が暮れてしまったのでタイムオーバー。

inaho0919.jpg

この稲穂達から美味しいお米が取れるんですね。

手間ひま&愛情をかけて作られるお米。

毎日炊きたてのお米を食べられるのは農家の方達のおかげ。

感謝・感謝です。

inekari0919.jpg

お手伝いをしてくれたお礼にと去年のお米2㎏とおやつとプルーン頂きました♪

大した力になっていませんでしたが…(/_;)アリガトー!

新米が出来たらまたあげるね♪とKちゃん。

とても楽しみにしておりますー。
 


あしあとにポチっと押して頂けると嬉しいです♪♪♪
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

:: 今年、最初で最後の。 :: - 2011.09.08 Thu

こんにちは。

先日、諏訪湖の花火大会を観に行ってきました。

私にとっては今年最初で最後の打ち上げ花火大会になると思われ。


suwahanabi.jpg


アルバイト先で仲良くなったKちゃんとYちゃんに誘われて諏訪湖へ。

が…、途中で寄り道ばかりしていっこうに諏訪湖に着かず(笑)

道の駅で野菜を購入したり、← 新鮮野菜がめっちゃ安くていっぱい買ってしまった。

山梨の日本酒として有名な『 七賢 』の酒蔵(山梨銘醸株式会社)へ寄ったり。

あと元祖信玄餅を作った『 金精軒 』にも行きました。

信玄餅と言ったら『 桔梗屋 』しか知らなかったので、

こっちが元祖なんだよって山梨っ子のKちゃんから聞いた時は驚いたー。

きっと知らない人たくさんいるんじゃないかな?
 
試食がたくさんあったので信玄餅もパクパク。まいうー。

でも、お土産に買ったのはどら焼きっていうまたもやお薦めを無視した買い物をするnegi(´Д`*)


sitiken0908 4


「駐車場が無くなっちゃうから早めに出ようね。」

と午前中に出発したのに諏訪湖に着いたのは15時くらいでした。アハハ。

だいぶ駐車場も埋まっていましたがなんとか停めることができ諏訪を散策。

諏訪は酒蔵がたくさんあるので、花火までの時間は酒蔵探訪してみようということになりました♪

ヒャッホーイ♪♪

実はnegiは日本酒が大好物であります。

尻尾を振りながら2人について行きましたとも(笑)

さっきの「七賢」でも1人で試飲を頂いて上機嫌になっておりましたー。

まずは『 真澄 』で有名な酒蔵(宮坂醸造株式会社)へ。

masumi0908 2

ここでももちろん試飲させて頂きましたよ。

こちらの酒蔵は300円で試飲ができます。

有料ですが、ガラスのおちょこをお土産にもらえます♪

試飲用に出されているお酒は全部飲ませて頂きました。

どれも美味しかったのですが、ひとつ変わった日本酒が。

シャーベット状になっている日本酒。

『 花まる 』というお酒で「みぞれ酒」にして飲むと美味しいとのこと。

確かにこのみぞれ状態で飲むのがめっちゃ美味しかった!

アルコール度数は低く、ほんのり甘くて飲みやすい!!

女性好みの日本酒ですね。

「こりゃついつい飲みすぎちゃうねー。」なんてオヤジな事を言いながら1人で飲むnegi

もう一杯!と言いたかったけれど、さすがにやりすぎだなと思いお買い上げしました☆



↓ このお酒です。『花まる』300ml箱無 税込620円

gdthumb.jpg


凍らせて飲もうっと♪

2軒目の酒蔵にも行ったのですが混んでて試飲もせずすぐ出てきてしまいました。← 名前忘れちゃった。

それからは酒蔵ではなくお土産屋さんをみて、

足湯にゆるりと浸かりながら花火の時間までまったりしてました☆

20時過ぎに1発目の花火が。

hanabi.jpg

どーん!どーーーん!!と空気を震わせて打ち上げられる大音量の花火。

こんな間近で花火を観るのは何年ぶりだろう?

やっぱりTVで観るのとは違って迫力がある。

肌に感じる振動と匂いがとても懐かしい感じがしました。

約40分間の光の祭典。

フィナーレは湖の上に半球に広がる花火で締めくくられました。

とてもとても綺麗でした。

hanabi0908.jpg
 
この半年は新しい土地に来て心細く、

大震災もあり気持ちが下を向いて過ごすことが多かった気がする。

でもまっすぐ打ちあがる花火を見上げていると、

なんだか元気がもらえたような気がしました。



Kちゃん、Yちゃん誘ってくれて本当にありがとうー。

感謝・感謝です!




あしあとにぽちっと押して頂けると嬉しいです♪♪♪
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

:: 吉田の火祭 :: - 2011.09.04 Sun

こんにちは。

先日、『 吉田の火祭 』を観に行ってきました。


himatsuri0904-4.jpg


吉田の火祭は日本の‘三大奇祭’に数えられているお祭り。

「 北口本宮富士浅間神社 」と境内の「 諏訪神社 」のお祭りで両神社の神様を市中にお迎えして、

今年の登山の無事と御利益を感謝して行われます。

ご神霊が「 大神輿 」「 お山さん(御影)」の2基のお神輿に移され市中を練り歩きます。

お神輿が御旅所に奉安されると70余本の大松明に火が点火され、

町中が火の海と化し深夜まで賑わうお祭りです。


夫がちょうどお休みだったので、行こう!ということになり15時に富士吉田に着くよう出発。

すごく混んでるかと思いきや意外にスムーズに到着ー。

でも、雨雲が広がって今にも降り出しそうなお天気。

ひとまず車を駐車場に停めて浅間神社へ参拝しました。

ハチマキにハッピをはおった男の人が沢山!

祭りが始まる前からすでに熱気が感じられます。

カッコイイー(´Д`*)



諏訪神社の前には朱塗りの富士山の形をしたお神輿が。

どうやらこれは「 お山さん 」と言われるお神輿らしい。

すごいー!

はじめて見ました!富士山型のお神輿!!

女性は触れてはいけないらしく、遠巻きに写真をパチリ。

しばらく経つと白い布に覆われた神様がゆっくりと神主と氏子達に付き添われそれぞれのお神輿へ。

その時間は写真を撮ることは許されず、みんな頭を下げて神様をお迎えしました。

(一部の外人さんは写真撮ってましたが…笑)


himatsuri0904-3.jpg


そしていよいよ大神輿がはっぴ姿の男性達に担がれて動きだしました。

掛け声と共に担がれるお神輿。

すごい迫力。

こんな間近でお神輿担いでるの見たことが無かったのでちょっと感激。鳥肌。

日本のお祭りっていいですね!


himatsuri0904.jpg


↓ 一度、停まったお神輿に一礼する人達。

神様がちゃんとお神輿に乗ってるんだーと感じる一瞬でした。


himatsuri0904 1

「 大神輿 」と「 お山さん 」は境内を出て市内を練り歩きます。

そして夕暮れ時、御旅所に到着するとこれからが火祭のクライマックス。

町中に置かれた松明が一斉に点火されます。

高さ7メートルある大きな松明に火が灯ると道に沿って一直線に炎の塊が並ぶ。

これが火祭りと言われる由縁。

ちょっと近寄り過ぎるとアチチッってなります(笑)

屋台で焼き鳥を買ったり、焼きとうもろこしを買ってほおばりながら火祭満喫!


himatsuri0904-4A.jpg


しかし…、あやしかった雲行きがとうとう限界。

19時過ぎから降り始め次第にどしゃぶりに!

なんとか駐車場に戻った時には靴の中までびしょびしょに(-_-;)

まぁ、写真も沢山撮れたし「 富士浅間神社 」と「 諏訪神社 」の御朱印も頂けたし満足満足♪

来年は火祭の翌日に行われる『 すすき祭り 』を観にきたいなー。


himatsuri0904 2
↑ ちょっとピンボケ…(´∀`)



あしあとにポチっと押して頂けると嬉しいです♪♪♪

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村

:: 恵林寺 :: - 2011.06.12 Sun

こんにちは。

今回の旅で最後にどうしても行きたかったところ。

それは塩山にある「 恵林寺 」。

着いたのは16時半すぎ。

人気も少なく静かな境内でした。

恵林寺は1330年、夢窓国師(むそうこくし)によって開山。

戦国武将・武田信玄が菩提寺と定めた臨済宗妙心寺派(りんざいしゅうみょうしんじは)の由緒あるお寺です。

私が今読んでいる「武田信玄」の話の中にも、

ここ恵林寺で住持鳳栖(ほうせい)から禅要を聴く信玄が描かれていました。

erinjisanmon0612.jpg

↑ 県の文化財に指定されている三門。

「 安禅不必須山水、滅却心頭火自 」 の文字が掛けられています。
(あんぜんかならずしもさんすいをもちいず しんとうめっきゃすればひもおのずからすずし

この言葉を聞いたことのある方も多いと思います。

昔、武田氏を滅ぼした織田軍が恵林寺に押し寄せ、

潜伏保護されていた者達を引き渡すよう時の住持快川和尚に命じました。

和尚はこれを拒否。

怒った信長が三門に快川和尚はじめ約百人の僧侶らを封じ込め火を放ちます。

天正十年(1582年)に快川和尚が壮絶な火定(かじょう)を遂げた際に唱えた言葉がこの有名な一句です。

火に焼かれながら唱えた一句。

なんだか凄過ぎて鳥肌立っちゃいます。


erinji6012 4photo

本当に綺麗な境内。

さて、御朱印を頂いて来ようと奥へ行こうとしたら…、

あれれ??もしかして閉まってる?

拝観時間 午前8:30~午後4:30 までという看板が。 ((@_@;)))

ガビーーン!!  ←古っっ!

そうだよねー…。

着くの遅かったしね…と諦めモード。

一か八かで受付の方に

「御朱印はもう受付終了ですよねー?」

と聞いたら、紙に予め書いてある御朱印で良ければお出しできますとの事。

マジデスカ!?構いません!!と二つ返事で頂いてきました。

友人と2人でニンマリ。ヨカッター。(*´Д`)ノ\(´Д`*)

本当は御朱印帳に直接書いて頂くのがBESTですが、今日来た印として欲しかったので。

残念ながら時間が遅かったので本堂や明王堂、信玄公のお墓をみることができませんでした。

erinjisikyakumon0612.jpg

↑ 四脚門<国重要文化財>

赤門とも呼ばれているこの門は織田信長により全山焼かれた後、徳川家康によって1606年に再建されたもの。

恵林寺は、1905(明治38)年、失火により仏殿、大庫裏など、堂宇の主要部を焼失してしまい、

その後再建・移築されているようなのでこの四脚門が恵林寺の中で一番古い建造物になるのかも??


erinjiteien0612.jpg

↑ 国の名勝指定を受けている恵林寺の庭園。

どこを撮っても絵になるお庭でした。



時間が無さ過ぎてかなり不完全燃焼の参拝になってしまいました。

でも来れてよかった♪

恵林寺に関わる宝物が収められている宝物殿も見れなかったのでまた訪れたいと思いますー。


erinji0612 4photo1

           


読んでくださってありがとうございます!
あしあとにぽちっと押して頂けると嬉しいです♪♪♪
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

negi*3

Author:negi*3
夫と2人暮らしの30代主婦。
趣味は写真ととんぼ玉。
インテリアと同じくらいカエルが好き。

のんびり気ままに山梨での暮らしを楽しみたいと思います♪

カウンター

最新記事

最新コメント

negi*3 photo

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
日々のこと (18)
インテリア/ 雑貨 (22)
写真 (14)
山梨 (10)
カエル (1)
とんぼ玉 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。